ペーパードリップに必要な道具

g-graphicaさんによる写真ACからの写真

今回は、ペーパードリップに必要な器具をご紹介します。
同じ器具でもデザイン・材質・カラーなど個性がありますので、
お気に入りの器具を揃えて、自宅で淹れたてのコーヒーを楽しんでみてください。

ペーパードリップに必要な道具
  • コーヒーミル
  • メジャースプーン
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • コーヒーサーバー
  • ドリップポット

コーヒーミル

豆を挽くためのコーヒーミルは、電動タイプと手動タイプがあります。

電動タイプは電源をとる必要があるため、置き場所が限られ、動作音が気になる場合もありますが、手動タイプよりも短時間で均一に豆を挽くことができます。

手動タイプは、挽き方によってはムラが出ることがあり、時間もかかりますが、電動タイプよりも豊かな香りを引き出すことができます。

その時の気分や時間の余裕によって使い分けてもいいですね。 また、いきなり自分で豆を挽くのは難しそう…という方は、挽いた状態の豆を購入して気軽に楽しむのも良いでしょう。

メジャースプーン

粉の分量によってコーヒーの味が変わるため、適切なコーヒースプーンを使用することで、より美味しいコーヒーが楽しめます。

メーカーによってスプーン1杯の分量に差があるため、まずはドリッパーと同じメーカーのものを使用するのがおすすめです。

メジャースプーンが無い場合は、スケールで計量しても良いでしょう。 少々面倒に感じるかもしれませんが、しっかり計量することで、自分の好みの味を安定して楽しむことができるようになります。

ドリッパー

ドリッパーとは、ペーパーの中に挽いた豆をセットしてコーヒーを抽出する器具で、陶器製、金属製、プラスチック製など、材質から形までさまざまあります。

陶器製は耐久性にすぐれ、金属製は熱伝導率が高くて抽出中の温度が一定に保てるなど、それぞれにメリットがあります。

初めて購入する場合は、軽くてコストパフォーマンスに優れたプラスチック製などもおすすめです。 デザインや自分の淹れ方などによって、好みのものを選択しましょう。

ペーパーフィルター

ドリッパーの形状に合わせて、隙間なくセットできるものを購入しましょう。

ドリッパーと同じブランドのものが理想的です。 容量に合わせて、適切な人数用のものを選びましょう。

コーヒーサーバー

コーヒーサーバーとは、ドリッパーの下にセットして、抽出したコーヒーを入れる器具です。

ガラス製のものが多いですが、他にも陶器製、ステンレス製などさまざまなタイプがあります。 電子レンジで温められるものや、保温力の高いものなど、ご自身のコーヒーを飲む際のスタイルによって、条件にあったものを選びましょう。

ドリップポット

ドリップポットは、ドリッパーにお湯をそそぐための器具です。

コーヒーの味は、ドリッパーへのお湯の注ぎ方によって変化するため、注ぐお湯の量を調節しやすいものを選ぶことが大切です。 ステンレス製、銅製、ホーロー製など、こちらもさまざまな種類があります。IHやガスコンロ対応でそのまま沸かせるものもありますので、ご自分の使用環境に合ったものを選びましょう。

お気に入りの器具を使って、コーヒータイムをさらに楽しみましょう

今回は、ペーパードリップに必要な器具をご紹介しました。

どの器具を選んでいいのか迷っている方は、まずは同じメーカーで揃えるのがおすすめです。

好みのデザインであれば、自宅でのコーヒータイムが更に充実しそうですね。
ぜひ、淹れたてのコーヒーの香りと味を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です