【ミルクティーの作り方】ミルクティー専用ティーバッグで簡単においしく!

皆さんは、ミルクティー専用に考えられたティーバッグをご存じですか?
ミルクティーを本格的に入れようとすると、茶葉の量や抽出時間などいろいろと気にすることがたくさん。
でも、今回ご紹介するティーバッグを使えば、美味しいミルクティーが飲めて、さらには様々なフレーバーも楽しむことができます。

好みのフレーバーを見つけて、気軽に美味しいミルクティーを楽しんでみてくださいね。

バシラーティーのミルクティー専用バッグ

今回ご紹介するのは、スリランカの紅茶ブランド「バシラーティー」から販売されているミルクティー専用ティーバッグです。
ミルクを入れなくても勿論美味しく頂けるのですが、ミルクとのマリアージュが引き立つように考えられたティーバッグになっています。

さまざまなフレーバー付きなので、甘味を足さなくとも豊かな甘い香りが楽しめるのものありますよ。

クリームカクテル


こちらは、クリームカクテル。
牛乳パックのような可愛いパッケージに、ティーバッグが30個入っています。

中身はジップ付きの袋では無いので、開封後は密封できるキャニスターなどに入れて保存することをおすすめします。
分量は、パッケージに記載の通りに淹れるのがおすすめです。

淹れ方
  1. 沸騰させた150ccのお湯をティーポットに注ぐ
  2. ティーバッグを静かに入れ、4~6分蒸らす
  3. 蒸らしている間に、ミルクを温める
  4. カップに紅茶を注ぎ、お好みの量のミルクを注ぐ
おすすめのミルクの量は、1杯につき大さじ4程度とのことですが、お好みで調節してみてくださいね。
抽出時のお湯はしっかり沸騰させることが大切ですが、ミルクは沸騰すると香りが悪くなるので、ぐつぐつと沸騰させないように気を付けましょう。
手軽に電子レンジで温めてもOKです♪
ミルクフォーマーで空気を含ませながら混ぜたミルクを注ぐと、より優しい口当たりになって美味しいですよ。
ミルクフォーマーは100均などでも販売しているので、ぜひ試してみてください。

勿論、マグカップにティーバッグを直接入れて抽出してもOKです。

淹れた紅茶は、バニラの風味がふんわり香り、とっても贅沢な風味です。
甘いスイーツのようなバニラではなく、バニラビーンズ本来の風味のような、大人が楽しめるフレーバーです。

甘味をつけたい方は、蒸らし終わってカップに注ぐ前に砂糖などを入れてムラなく溶かすのがおすすめです。

ティーバッグはたっぷり30個入っているので、ストレートティーで楽しんだり、アイスティーで楽しんだり、フレーバーティーならではの香りをいろいろ試してみてください。
淹れ方が記載されたカードも付属してきますので、ご安心くださいね。

クリームカクテル以外にも、さまざまなミルクティー専用ティーバッグがありますので、ぜひチェックしてみてください♪

チョコレート


こちらは、甘すぎない大人なチョコレートフレーバーです。
ホットで、ミルクたっぷりで頂くのがおすすめです♪

メープルヌガー


こちらは、メープルの香りが豊かなフレーバーです。
クッキーなどと合わせて楽しんでみて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です