【フェアトレードコーヒー】フェアトレードとは?おすすめ3選もご紹介!

みなさんは、フェアトレードという言葉をご存じでしょうか?
私たちが普段から楽しんでいるコーヒーやチョコレートなどの生産国は発展途上国が多く、安くて魅力的な商品があふれる一方、その裏では生産者に適切な価格が支払われないことがあります。

そんな現状を受けて生まれたフェアトレードという仕組み。
フェアトレードを意識すれば、商品選びの視点がちょっと新しくなるかもしれません。

フェアトレードとは

みなさんが普段、小売店で目にするコーヒー・紅茶・チョコレートなどのさまざまな食品。
それらの商品には、低価格で楽しめるものも多いのではないでしょうか?

低価格帯で私たちが楽しめる一方、その価格を実現するために、生産者には正当な対価が支払われていなかったり、生産効率を重視するあまり環境への配慮が不足したまま生産されている場合もあります。
そして、その生産国の多くは発展途上国です。

その点に注目して、発展途上国の生産品を適切な価格で長期的に購入し、生産者の生活改善などを目指す仕組みを「フェアトレード」といいます。
適正な価格で買い取れば、安定した収入によって生産者の生活も改善され、労働意欲が増し、環境を整えることもできますね。
「フェアトレード」とは言葉の通り、そのような「公正・公平な貿易」を意味しています。

みなさんの買おうとする製品がフェアトレードがどうかを判断するには、フェアトレードラベルが貼られているものを選択するのが最も簡単でしょう。
フェアトレードは企業独自の判断基準をもとにしているものもありますが、「国際フェアトレード認証ラベル」が最もよく目にするものです。
「国際フェアトレード認証ラベル」が貼られている製品は、国際フェアトレードラベル機構(Fairtrade International)によって定められた経済的・社会的・環境的基準を満たしていることが確認できます。

主なフェアトレード製品

フェアトレードとして取引の多い主な製品には、次のようなものがあります。

ここにタイトル
  • コーヒー
  • 紅茶
  • カカオ
  • 調味料(香辛料、砂糖など)
  • バナナ
  • コットン製品
  • サッカーボールなどのボール類
普段の生活に身近な製品がたくさんありますよね。
製品を手に取る際に、フェアトレード製品を手に取る選択肢を増やしてみてください。

フェアトレードコーヒーおすすめ

それでは、身近なところから始められるフェアトレードコーヒーのおすすめ製品をご紹介します。

【キーコーヒー】ドリップオン フェアトレードコーヒー(ドリップパック)


こちらは、ドリップタイプのフェアトレードコーヒーです。
粉砕後すぐにパックすることで、豊かなコーヒーの香りを守っています。
香ばしい香りが特徴のコーヒーです。

【小川珈琲店】 有機珈琲フェアトレードモカブレンド(豆)


こちらは、フェアトレードのブレンドされたコーヒー豆です。
豆の特徴に合わせて、それぞれ焙煎したあとにブレンドするアフターミックス製法を採用しています。
モカブレンドの挽きたての香りを楽しんでみてくださいね。

【マウントハーゲン】オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー(インスタント)


マウントハーゲンは、オーガニックブランドとして有名ですね。
こちらはアラビカ種100%ブレンドのインスタントコーヒーです。
手軽に飲めるインスタントコーヒーから、フェアトレードを始めてみるのもいいですね。

いかがでしたか?
少し意識してみると、スーパーなどでも国際フェアトレード認証ラベルを見つけることができます。
適切なサイクルをみんなでつくり、おいしい商品を楽しみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です