【HARIO】ハリオV60ドリップスケールVST-2000口コミレビュー

こんにちは、森です^^

今日は、コーヒー豆とお湯の「量」と、「時間」を同時に計測できる、ハンドドリップに便利なドリップスケールをご紹介します。

ドリップスケールがあると、毎回決まった時間と量でコーヒーを抽出できるため、初心者の方でも一定のクオリティを保って抽出することができます。

質の良いコーヒー豆を手に入れたときはなお更、その風味を生かしてコーヒーを抽出したいですよね。

ドリップスケールがあると、ハンドドリップが何倍も身近になるので、ぜひ参考にしてみてください!

【HARIO】ハリオV60ドリップスケールVST-2000

今回は、私が普段から使用している【ハリオV60ドリップスケールVST-2000】をご紹介していきます。

外観など

  1. 【 サイズ幅 】 120×奥行190×高29mm
  2. 【 本体重量 】 265g
  3. 【 材質 】 本体:ABS樹脂

サイズもコンパクトで、高さもスリムなので置く場所を選びません。
外観も黒で統一されていて、素敵です♪

スタイリッシュなインテリアにこだわっている方にもおすすめのデザインですよ。

スイッチ部分がフラットなので、見た目がすっきりしているだけでなく、さっと拭くことができてお手入れも楽です。

スイッチは強く押さずに、触れるだけで反応しますよ。

また、背面には壁掛け用のフック穴がついているので、1日に何度も使用する場合、さっと取りやすい場所に掛けておくこともできます。

仕様

基本的な使用は以下のようになっています。

はかり
【計量範囲】 2~2000g

なお、コーヒーであれば2g以下は不要ですが、調味料だともっと下の数値を計測したいときもありますよね。

計測は2g~なので、軽い調味料などの軽量にも併用したい!と思っている方には向きません。

あくまで家庭でハンドドリップするために最適な仕様となっています。

最小表示
2~2000g以下 → 0.1g
超~500g以下 → 0.5g
500超~2000g以下 → 1g

ご家庭で淹れる場合は、1~2杯用、もしくは1~4杯用のドリッパーをお使いの方が多いのではないでしょうか。

そうなると、コーヒー豆は多くて40g前後、お湯の送料は例えば1杯150ccを抽出するとして650cc以内になるでしょうから、家庭で使用するには十分な計測範囲ですね。

コーヒー豆の量は味にも大きな影響をもたらしますが、上記の最小表示範囲であれば、十分な機能です。

計量精度
2~2000g以下 → ±0.2g
200超~500g以下 → ±1g
500超~2000g以下 → ±3g

精度は各地域の重力の影響などで誤差が生じますが、ご家庭での使用の範囲内であればじゅうぶんな精度です。

タイマー/その他
【 表示 】 液晶デジタル4桁
【 最大計測時間 】 99分59秒
【 オートパワーオフ 】 約5分(カウントアップ中はタイマーのみ↑の通り)
【 安定所要時間 】 約3秒

電源OFFを忘れた場合でも、タイマーをカウントしているとき以外であれば、5分経過すると自動的にOFFになります。

本体は、単4電池×2本で動作します。

動作確認用の電池があらかじめ2本入っているのですが、私はこれでかなり使用できました。
毎日使用しても1か月以上もった記憶があります。

ちなみに、電池タイプが好みでない方には、同じハリオのV60で充電タイプもあります。

天板がシルバーのタイプで、こちらの見た目もスタイリッシュです!

充電式の方が少し価格は高いですが、基本的な仕様は変わらないので、ここは完全に好みです。
私はオールブラックが良かったので、電池式にしました。

実際に使ってみる

それでは、実際の流れをみていきましょう。

1 【ON】 ONすると、約3秒すると液晶の数値がゼロで安定します。
2 【TARE】 お皿を乗せたら、TAREを押してリセット
3   挽きたい分の豆を測ったら、豆を挽きます。
4 【TARE】 ドリッパー・サーバーをセットし、コーヒー粉を入れTAREを押します。
5 【START】 STARTを押して1投目のお湯を注いで蒸らします。
6 【TARE】 蒸らしが終わったら(今回は30秒間)、TAREを押してリセット
7 【TARE】 2投目のお湯を注いで、TAREを押してリセット
8 【TARE】 3投目のお湯を注いで、TAREを押してリセット
9   4投目のお湯をぐ

抽出は、3分以内を目安にします。

正直、2投目以降のお湯を注ぐときにはTAREでリセットしなくても、単純に総量を見ても大丈夫です。

STOPを押すと、時間を一時停止できます。

ドリップスケールを使うと、ハンドドリップがもっと手軽になる

いかがでしたか?

ドリップスケールをお持ちでない場合、キッチンタイマーと量りを併用している方もいるかもしれません。

それでももちろん良いのですが、ドリップスケールを使って「時間」と「量」を同時に確認できると想像以上に便利です!

ハンドドリップしたコーヒーはやはり格別ですが、少なからず時間や手間がかかるので、少しハードルが高いと感じることもあるでしょう。

ですが、最適な道具を揃えることで、ぐんとハードルが下がります。

些細なことに思えるかもしれませんが、ぜひ使ってみていただきたいツールです。

毎日、ハンドドリップを楽しみましょう^^

ドリップスケールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です