【コーヒーを飲みながら聴きたい音楽】Jazzアルバム編

こんにちは、森です^^

みなさんは、コーヒーを飲みながら好きな音楽を聴くことはありますか?

自宅で好きな曲をかけながら、自分でドリップしたコーヒーをゆっくり飲んだり…
喫茶店やカフェで、マスターの選曲に身を任せながら変化を楽しんだり…

コーヒーを楽しむ時間に音楽があると、更に素敵な時間になりますよね。

今回は、ジャズにフォーカスを当てて、おすすめのアルバム7選をご紹介いたします♪

【ヘレン・メリル】Helen Merrill With Clifford Brown

アメリカの女性ジャズシンガー、ヘレン・メリルのアルバムです。
彼女の魅力は、そのハスキーな歌声です。
ゆったりとしながらも、軽やかな曲が詰まった、静かな青空が広がる晴れの日に聞きたいアルバムです。

やわらかな酸味と甘い香りの、ハワイコナはいかがでしょう^^

【チェット・ベイカー】Chet Baker Sings

1950年代のチェット・ベイカーの名アルバムです。
彼の甘くてまろやかな声質をたっぷり楽しめる1枚になっています。

バランスの取れたブラジルに、ミルクを少々いかがでしょう^^

【ローランド・カーク】The Inflated Tear

かたちに囚われないスタイルで魅了する、ローランド・カークのアルバムです。
情熱を感じるような曲の数々が収録されています。

力強いコクと風味の、マンデリンはいかがでしょう^^

【ビリー・チャイルズ】Acceptance

ジャズ・ピアニストのビリー・チャイルズによるアルバムです。
煌めくようなサウンドが気品を醸し出す1枚です。

上質な口当たりの、ブルーマウンテンはいかがでしょう^^

【ロイ・エルドリッジ】Little Jazz

ジャズ・トランペット奏者のロイ・エルドリッジのアルバムです。
ゆったりと午後を過ごすのにぴったりの曲が詰まっています。

ほどよいコクとやわらかな酸味の、グァテマラはいかがでしょう^^

【マイルス・デイヴィス】Kind of Blue

モダン・ジャズの傑作とされるアルバムです。
そうそうたるメンバーが参加し、年代を超えて今でも愛されていますよね。

深煎りの豆でドリップしたコーヒーで、アイリッシュコーヒーはいかがでしょうか^^

【ビル・エヴァンス】New Jazz Conceptions

こちらもモダン・ジャズを代表するジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスのアルバムです。
優雅なメロディーを存分に楽しめる1枚となっています。

急冷して後味のキレよく、アイスコーヒーをブラックでいかがでしょう^^

以上、おすすめのアルバムをご紹介しました。
お気に入りの音楽を聴きながら、コーヒーを楽しみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です