【コーヒー・紅茶に適した砂糖の選び方】砂糖の精製度でコーヒー・紅茶の味が変わる!

コーヒーや紅茶に砂糖を入れる場合、どんな砂糖を入れて甘味をつけていますか?
グラニュー糖、上白糖、ザラメ糖など、一口に砂糖といっても様々な種類がありますね。

実は、どんな砂糖で甘味付けするかによって、コーヒーの風味にも微妙な変化が生まれます。

今回は、コーヒー・紅茶に入れる砂糖選びのポイントと、おすすめ商品をピックアップしました。
砂糖による違いを知って、よりコーヒー・紅茶の風味を楽しんでみてくださいね。

コーヒー・紅茶の風味を損ないたくないなら、精製度の高い砂糖がおすすめ

先ず最初に、砂糖は以下の2種類に分けられます。

含蜜糖 サトウキビから絞った糖液を、そのまま煮詰めてつくる砂糖。精製していないため、ミネラルを豊富に含み、原材料の風味・独特の強い甘味が残る。黒糖やキビ砂糖など。
分蜜糖(精製糖) 糖液を分離して糖蜜と結晶に分け、結晶を取り出して精製する砂糖。ミネラルなどの成分は殆ど含まれない。グラニュー糖や上白糖など。

コーヒー紅茶本来の風味を損ないたくないのであれば、やはり精製度の高い分蜜糖がおすすめです。
精製度の高い砂糖は、砂糖自体の風味やクセが強くなく、コーヒー・紅茶に入れてもその風味とぶつからない為です。

黒糖やキビ砂糖を思い浮かべてみてください。
独特のカラメルのような風味や、コクがありますよね?
お菓子作りや料理であれば、その特徴を生かしてアレンジの幅が広がりますが、コーヒー・紅茶に入れると特徴同士がぶつかってしまいます。
「甘味も欲しいけど、コーヒーの風味も楽しみたい」
そんなときに適しているのが、精製された砂糖です。

グラニュー糖

分蜜糖の中でも最も純度が高いものは白ざらめですが、白ざらめは結晶が大きくしっかりしています。
そこで、コーヒー・紅茶に入れるのに最も適しているのが、次に純度の高いグラニュー糖です。
粒子が細かく、淡泊で上品な甘さのため、コーヒー・紅茶に入れた際にさっと溶け、本来の風味を邪魔しません。
水色の美しい紅茶に入れると表面に艶が出て、更に美しくなりますよ。
また、カフェオレやミルクティーなどとも相性抜群で、少量でもミルクの甘味をより引き出してくれます。


スティックタイプ純度99%のグラニュー糖です。
コーヒー・紅茶のお供に便利なスティックタイプは、ストックしておくと便利ですね。
来客時や、アウトドアなどの携行にもおすすめです。


こちらも同じくスティックタイプの高純度グラニュー糖です。
50本入りが10袋セットになったタイプです。


こちらは、袋タイプのグラニュー糖です。
お菓子作りなどにも適しているので、使用の幅が広がります。
コーヒー・紅茶用には、かわいいシュガーポットなどに入れ替えてもいいですね。

上白糖

次におすすめなのは、上白糖です。

日本では、一般家庭の料理で最も使われているのが上白糖ですから、コーヒー・紅茶用にわざわざ揃えずとも、簡単に甘味を足すことができますね。
結晶はグラニュー糖よりも細かく、表面に転化糖液を噴霧するためしっとりしています。
グラニュー糖に比べると甘味もコクも強くなりますが、クセはないのでコーヒー・紅茶にも合います。

どこでも手軽に手に入れることができるのも良いですね。


こちらは甜菜から作った上白糖です。
甜菜というと、茶色い甜菜糖のイメージが強いかもしれませんが、甜菜の糖液を結晶化させた上白糖もあります。
決して漂白しているわけではないので、ご安心ください。

ざらめ糖

結晶が大きいため溶けるのに時間がかかりますが、味の変化を楽しみたい方はざらめ糖を使ってみるのもいいでしょう。

白ざら糖

精製糖の中でも純度は最も高いですが、グラニュー糖よりも結晶が大きいために溶けるまでに時間がかかります。
特徴としてはグラニュー糖とほぼ同じで、淡泊で上品な甘さのため、コーヒー・紅茶の風味を邪魔せずに楽しめます。
コーヒーよりも紅茶の方が高温で抽出しますから、紅茶のほうが溶けやすいでしょう。
高温でも透明度が高いため、お菓子作りにも使用されます。

中ざら糖

純度としては、上白糖の次に位置します。
茶色いのは、製造工程で加熱を繰り返すことによって褐色を帯びるからです。
独特のコクがあるため、少し風味を加えたい場合にも適しています。
コーヒーのコクとは相性が良いので、ゆっくり味の変化を楽しみながら飲むのも良いでしょう。

三温糖

精製糖の中で最後にできるのが三温糖です。
再加熱を繰り返したすえに出来上がるため、褐色化します。
コクがあり、甘味が強く感じられます。煮物などにも適しています。
敢えて三温糖を使用して、こっくりした甘味を楽しんでみるのも良いでしょう。

いかがでしたか?
砂糖は普段の料理でも使用することができるので、色々な種類を集めてみても良いですね。
砂糖の特徴による風味の違いを楽しみながら、バリエーションを広げてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です