コーヒーミルの種類と選び方

cicadashellさんによる写真ACからの写真

コーヒー豆は、挽いた瞬間にもっとも香りを楽しむことができます。

また、豆は挽いた瞬間から酸化のスピードが早まるため、淹れる直前に豆を挽くことで、より美味しいコーヒーを楽しむことができるのです。
コーヒー粉を購入するのも手軽でいいですが、ぜひ自分で豆を挽いてみてくださいね。

コーヒーミルの種類

コーヒーミルは、「手動ミル」と「電動ミル」の2種類に分けられます。 使いたいシチュエーションなどに合わせて、使い勝手の良い方を選ぶと良いでしょう。

◆手動ミル

名前の通り、ハンドルを回転させて、手動で豆を挽くタイプです。

慣れるまでは力加減が難しく、時間も数分間かかりますが、電源をとる必要が無いため使う場所を選びません。アウトドアに持っていきたいという方にもおすすめです。

また電動に比べて無駄な熱が入りにくいため、コーヒー本来の風味を存分に楽しむことができます。

ゴリゴリとハンドルを回して、豆を挽く音に耳を傾けている時間も贅沢ですよね。 手動ミルは、コニカル式が多く採用されています。

◆電動ミル

電動ミルは、手動ミルよりも短時間で、一度にまとまった量の豆を挽くことができます。

電源をとる必要があるため、置く場所が限られたり、動作音が大きいものもあるため、使用する場所やお部屋の環境なども考慮して選ぶと良いでしょう。 初めてミルを購入する方には、比較的小型で、価格も手ごろなものが多い、プロペラ式のミルがおすすめですよ。

コーヒーミルの刃の種類

家庭用のコーヒーミルに使われている刃の構造は、大きく「プロペラ式」「臼式」「コニカル式」に分けられます。

◆プロペラ式

プロペラのような刃が回転して豆を粉砕します。 摩擦熱が生じやすく、粉の細かさを均一にすることが難しいですが、手入れが楽で、短時間で手軽に豆を挽くことができます。

ちなみに、私が実際に使用しているプロペラ式のコーヒーミルで、初めて買う方にもおすすめなのが、【Kalita イージーカットミル EG-45】です。

こちらの記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください♪

◆臼式

一対の2枚の刃の間に入ったコーヒー豆を、すり潰すように粉砕します。 構造が複雑なので手入れが少々面倒ですが、プロペラ式よりも均一に粉を挽くことができます。

臼挽きの電動コーヒミルを初めて購入する方には、コンパクトなこちらの商品などがおすすめです♪
サイズは幅113mm、奥行き153mm、高さ219mmとなっています。

4段階に分けて粒度を調節できるので、初めて豆を挽く方でも、飲み方に合わせて簡単に均一に豆を挽くことができます!

ミル歯は、柔らかい布で拭き取って綺麗にお手入れします。
本体に付着した粉を払うために、ハケや小さな筆があると便利ですよ。

◆コニカル式

固定された円錐状の刃と、回転する刃の間を豆が通ることで、粉砕されます。 動作音およびミル本体が大きく、価格も高いですが、均一に挽けて熱も入りにくく、喫茶店などでも使用されています。

お気に入りのミルを見つけて、挽きたての香りを存分に感じましょう

豆を挽いた瞬間の香りは、とても癒されるものです。

いつもコーヒー粉を買ってきている…という方は、ぜひ一度豆を挽くところから挑戦してみてください。

コーヒーミルは基本的に水洗い不可ですが、セラミック刃でしたら水洗いなものもあります。たまにしか挽かないので綺麗に洗って収納したい…という方は、セラミック刃のものを選ぶのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です