コーヒー豆の種類と選び方

TOMATOMAさんによる写真ACからの写真

産地によって味の特徴が異なる

コーヒー豆は、産地によって味や香りの特徴が異なります。 味は焙煎度合いによっても異なってきますが、代表的なものとその特徴をいくつか挙げてみます。

◆ブラジル(産地:ブラジル)
バランスの良い適度な苦みと酸味。偏りがないため、万人に愛される味。

◆コロンビア(産地:コロンビア)
甘い香りと、しっかりとしたコク。

◆キリマンジャロ(産地:タンザニア)
甘い香りと、強い酸味とコク。

◆ブルーマウンテン(産地:ジャマイカ)
香り・酸味・コクのバランスが良い、調和のとれた味わい。

◆モカ(産地:イエメン/エチオビア)
フルーツのような香りと酸味、しっかりとしたコク


産地によって特徴が異なるため、そのときの気分で飲み分けるのも良いですね。

よく聞く「ストレート」と「ブレンド」の違いですが、「ストレート」は単一の産地のコーヒー豆のことで、「ブレンド」とは複数の産地のものを混ぜたもののことです。

「ストレート」では、その豆の本来の香りや味を楽しむことができ、「ブレンド」はそれぞれの豆の良さを生かした複雑な味を楽しむことができます。

焙煎度合いによっても味が異なる

同じ銘柄でも、焙煎度合いによってコーヒーの味が異なってきます。 焙煎度合いは以下の8種類で、段階ごとに浅煎り・中煎り・深煎りと分けられます。

  1. ライトロースト (浅煎り)
  2. シナモンロースト (浅煎り)
  3. ミディアムロースト (中煎り)
  4. ハイロースト (中煎り)
  5. シティロースト (深煎り)
  6. フルシティロースト (深煎り)
  7. フレンチロースト (深煎り)
  8. イタリアンロースト (深煎り)

その銘柄の味をより生かすことができる焙煎度合いがあるため、先ずは販売店のおすすめを購入してみるのが良いでしょう。

挽き方の種類

コーヒーの味は、豆の大きさによっても大きく変化します。 抽出方法によって適した豆の細かさがあり、その種類と適した抽出方法の例は以下の通りです。

  • 極細挽き・・・エスプレッソコーヒー
  • 細挽き・・・ウォータードリップ
  • 中細挽き・・・ペーパードリップ、コーヒーメーカー
  • 中挽き・・・サイフォン、ネルドリップ
  • 粗挽き・・・パーコレーター

市販のコーヒー粉は、中細挽きの状態が多く、ペーパードリップなどに適しています。

コーヒー豆は、挽いたことで表面積が増すと、どんどん酸化していきます。

なるべく美味しい状態でコーヒーを飲むためには、豆の状態で購入し、淹れるときに淹れる分だけ挽くのがおすすめです。 もちろん、市販のコーヒー粉も、湿気が入らないようにきっちり保存すれば、暫くは香りも楽しみながら美味しくいただけますよ。

それぞれの個性を楽しみながら、コーヒータイムを充実させましょう

コーヒー豆を購入する際は、お気に入りの豆屋さんを見つけると、好みに合わせてアドバイスを貰うこともできて、選択の幅が広がります。

ブレンドはそのお店の顔ですから、色々なお店のブレンドを飲み比べるのも楽しいですね。

色々試して、コーヒーライフを充実させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です