ペーパードリップでコーヒーを淹れよう

photoBさんによる写真ACからの写真

必要な道具が揃ったら、さっそくコーヒーをドリップしましょう!

どんな道具を揃えればいいの?という方はこちら↓

① 器具を温めておく

コーヒーを淹れる前に、ドリッパー・サーバー・コーヒーカップにお湯を注いで温めると良いでしょう。

温めておくことで、お湯の温度が急激に下がることを防ぎ、風味や香りをより楽しむことができます。

② ペーパーフィルターをセットして、粉を入れる

淹れたい人数分のフィルターを用意したら、なるべく隙間ができないようにドリッパーにセットし、粉を入れましょう。

粉の分量は、一般的なもので1人分約10グラムです。 粉を入れたら、ドリッパーを水平方向に軽く振って、表面をならします。

③ お湯を沸かす

ペーパードリップする際の適温は、約90°~95°程度です。

コーヒーの味や香りはお湯の温度によって大きく変化するため、温度計で測るのが理想です。

しかし、初めてドリップしてみるので温度計は持っていない!という方は、一旦沸騰したお湯をドリップポットに移し替えて空気に触れさると適温程度になるので、参考にしてみてください^^

④ 粉を蒸らす

さあ、それではさっそくドリップしていきましょう。

先ず、中心から渦をまくように、粉全体にお湯をかけたら、約20秒間蒸らします。 この間に粉からガスが放出されて、お湯の通り道をつくることで、より美味しいコーヒーになります。

⑤ 数回に分けてお湯を注ぐ

20秒程度してサーバーにコーヒーが落ちてきたら、お湯が行き渡った合図です。ここから数回に分けてお湯を注ぎましょう。

お湯は“の”の字を描くように、一定のリズムで注ぎます。
粉が膨らんできたら一呼吸置いて、しぼんできたらまた注ぐ…という流れで数回に分けて注ぎます。

このとき、フィルターや、フィルターに近い一番外側の層にはお湯をかけないようにしましょう。

⑥ 目的の量まで抽出したら、完成

まだお湯が残っていても、目的の量まで抽出できたらドリッパーは外します。 最後まで落とし切ってしまうと、雑味が出てしまうので注意しましょう。

淹れたてのコーヒーの香りを楽しんでください。

ご自分で淹れたコーヒーはいかがでしたか?

好きなスイーツをお供にしても良いですし、お気に入りのコーヒーカップで雰囲気を楽しむのも素敵ですね♪
ぜひ、淹れたてコーヒーの香りを存分に楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です